合同企業説明会へ行こう!

合説なび

「医療・福祉・介護」って、残業まみれだと思っていませんか?

「医療・福祉・介護」って、残業まみれだと思っていませんか?

「医療・福祉・介護」って、残業まみれだと思っていませんか?

エンジニア向けのウェブマガジン「fabcross for エンジニア」は、20~59歳の公務員・会社員1万145人を対象に残業に関するアンケート調査実施。3月22日に結果を発表しました。

 
アンケート結果によると、業種別では「教育、学習支援業」が1か月あたりの平均残業時間が最も長く29.5時間。次いで「漁業」が28.6時間、「複合サービス事業」が23.8時間となっています。

逆に、1か月あたりの平均残業時間が短かったのは「医療、福祉」(12.6時間)、「鉱業、採石業、砂利採取業」(13時間)「公務」(15.3時間)となっています。

 
また、職種別に平均残業時間を比べると、やはり「教育・保育関連職」(32.0時間)が最も多く、「農林水産関連職」(29.7時間)、「経営者・会社役員」(28.7時間)が続いています。

反対に、平均残業時間が短いのは「事務職」(11.4時間)、「医療・福祉・介護関連職」(12.2時間)、「総務・人事・経理」(16.1時間)の順番となっています。

 
残業が多いのが業種・職種とも、教育関連というのは分かる気がします。でも、一番少ない業種が「医療、福祉」? 職種でも医療・福祉・介護関連が2番目って、ちょっと目を疑ってしまいました。

 
エンジニア系のサイトだから医療・福祉・介護関連の母数が少なくて偏っている?
「シフト勤務とか夜勤とかもあるけど、あれは所定の労働時間で、残業ではない」ということ?
まさか、サービス残業はここに含まれていない、というわけじゃ・・・

と、やたら疑いのまなざしなんですが、介護求人ナビの2016年7月22日付けの記事「意外と残業時間が少ない?介護職の労働時間?介護業界チャンスの理由18 | 介護転職お役立ち情報」でも、介護系の仕事の残業時間が意外と少ないよ、と言っています。

 
もちろん、事業所によってかなり開きがあるのでしょうが、あまり残業のないところも多いようです。あるていど、勤務先を見極めて就職すると良いのかもしれませんね。

 
【参考】
【業種・職種別:1万人残業調査】最も残業が多いのは「教育・保育関連職」。平均で1カ月 32.0時間の残業 | fabcross for エンジニア