合同企業説明会へ行こう!

合説なび

旅行会社「てるみくらぶ」が破産 内定者を宿泊施設活性化機構(JALF)が無試験無面接採用へ

旅行会社「てるみくらぶ」が破産 内定者を宿泊施設活性化機構(JALF)が無試験無面接採用へ

旅行会社「てるみくらぶ」が破産 内定者を宿泊施設活性化機構(JALF)が無試験無面接採用へ

格安をうたっていた旅行会社「てるみくらぶ」が3月27日、資金繰りの悪化を理由に東京地方裁判所に破産を申請し、手続き開始決定を受けました。影響を受ける利用者は8~9万人にのぼると思われます。

 
●内定者も途方にくれる

ですが、影響を受けたのは利用者の方だけでありません。本来なら間もなく入社するはずだった数十名の新卒者の方たちも被害を被っています。

 
てるみくらぶは、世界の航空会社が加盟する国際航空運送協会に対し航空券購入代金を期日の23日までに払えない状態にもかかわらず、直前まで「現金一括入金キャンペーン」とうたった新聞広告を掲載。ツアー客を募集していました。広告は少なくとも21日付や23日付の全国紙朝刊の都内版に掲載。複数のツアーを紹介し、現金で一括払いなどすれば代金が1%安くなると説明しています。

また社員約80人の同社が、数十人の新規採用の内定を出していたことも明らかになっています。
1月には中途採用の募集も行っていたようです。

 
企業の拡大期に急激に社員数を増やすのはあり得ないことではないですが、一連の経緯を見ていると、内部の管理が杜撰すぎると感じます。

全力で善意で考えるなら、最後の最後まで破産を避け、生き残るために努力を続けようとした、ということなんでしょうが、お客さんや内定者のことを考えると、責任のある対応だったとは思えないです。

 
●内定者を宿泊施設活性化機構(JALF)が無試験無面接採用へ

そんな状況のなか、財団法人 宿泊施設活性化機構(JALF)が内定者に救済の手を差しのべてくれています。

「てるみくらぶ」の内定者を、ほぼ無条件でが受け入れるとのことです。受付期間は3月31日23:59まで。

 
宿泊施設活性化機構(JALF)は、ホテルや旅館などの宿泊施設において、黒字化をサポートすることを目的とした会員制公共団体です。

建築家の隈研吾氏や星野リゾート代表取締役社長の星野佳路氏、オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長の小山薫堂氏らが理事をつとめています。

 

「てるみくらぶ」をはじめとする内定を取消された学校卒業生の方々へ。
「その身柄、JALFで引き受けます」キャンペーンを行います。
社会貢献の一環として「とりあえず引っ越してしまって困っている」方々も含め、選考を行わず内定を出します。
◆あなたが優秀な方の場合:一生JALFにいてください。
◆あなたがそれほどでも…:数か月、風雨を凌いでください。
ご希望の学卒者の方々は、ダイレクトメッセージをください。
3月31日23:59まで受付いたします。
宿泊施設活性化機構 facebookより)

 
●厚生労働省は新卒応援ハローワークに特別相談窓口を設置

厚生労働省も3月29日、てるみくらぶの内定取り消し者の相談に対応するため、東京と大阪の新卒応援ハローワークに特別相談窓口を設置したと発表しました。

 
内定取り消し者向け特別相談窓口の設置場所は、東京新卒応援ハローワーク(新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル21階)、大阪新卒応援ハローワーク(大阪市北区角田町8-47阪急グランドビル18階)。

相談内容の例として、担当者制による個別就職支援、求職活動に役立つ各種ガイダンス・セミナーの実施などを挙げ、内定取り消しを受けた学生・生徒のニーズに応じた相談対応を行うとしています。

このほかの地域でも相談を受け付けており、同省は「最寄りの新卒応援ハローワーク等に相談してほしい」と呼び掛けています。

 
【参考】
財団法人 宿泊施設活性化機構 – 公告 「てるみくらぶ」をはじめとする内定を取消された学校卒業生の方々へ。… | Facebook
宿泊施設活性化機構、てるみくらぶなど内定取消者の無試験無面接採用を実施 | マイナビニュース
厚労省、てるみくらぶ内定取り消し者の相談窓口を東京と大阪に設置 | マイナビニュース

ハワイ旅行・韓国旅行・グアム旅行・サイパン旅行・香港旅行などの格安海外旅行サイト「てるみくらぶ」

てるみくらぶ入社5日前の内定取り消しに悲痛な声 「前途多難な人生になりそう」「祖父母になんて言えば」 | キャリコネニュース
旅行会社「てるみくらぶ」内定取消者の救済に名乗りを上げる企業・団体が続々と | 合説なび